読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロハスにあこがれて

日常のつぶやき

負のパンドラ

先日、なんだかよくわからない集まりに行って来ました。

仕事繋がりの方々で、お医者さんや、整体の先生もいらっしゃり堅苦しい飲み会🍻


になるだろうなと思いきや‼︎

皆さん今の仕事にやる気満々🔥

やりがいを持って燃え盛っておられる素敵な方々でした。

中でもガン患者を支援されているお姉さんは、仕事もバリバリしてガン患者と、その家族を支えるNPOも立ち上げられて精力的に協賛者を募る活動もされています。


なぜそんなに頑張れるのか?

という質問にあっさりと答えてくださいました。

自分もガンだったと!しかも末期

でも医学の進歩と、奇跡が相まって命をもらえた。

だからもう一度生き直す意味として、同じ苦しみを味わっている人の役に立ちたい、という思いに駆られたからだったようです。


苦しみや悲しみなんか味合わずに生きていけたら、毎日が安心で生きやすいだろうなあ。

世の中の汚れを知らず、妬んだり

ひねくれたりもしなければ、生まれたての赤ちゃんのように完全無欠な幸せヤロウ

でもそんな人いないわなあ〜〜^o^😩


その姉さんも明るくカミングアウトするには、苦しみと痛み絶望恐怖では追っつかない

人が決して開けたくはない、負のパンドラの箱を味わい尽くしたからこそ、彼女の今がある!


悟りきっていない私にも色々な過去があり、まだ消化しきれていない事もたあくさんあって

それが澱となって心にこびりついている。

でもそのことで人の気持ちが少しだけ理解できるようになってきたかもしれない。


初めての出産の時は、痛みが激烈すぎて思い出すのもトラウマだけど、

一度産道が通ると

2人目からは痛みの耐性ができたのと、産道が広がった事でなんか大丈夫🙆

苦しみ悲しみも、味わうたびに心に少しずつ耐性が付いて、それを人は強さって思う。

広がった許容量を優しさというなら、悲しみも苦しみも人が大きくなるにはたいせつなもんなんだ。


でもでもでも

ちっちゃくて、狭くても良い!


楽しく泣かないで生きたいわ〜✨

と思う私はやっぱりまだまだだね